2016-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

様子見。


また、朝ご飯に来ない。
ソファにカステラ&クリームパン入りご飯を持っていったら、寝ながら食べた。
薬も飲んだから、とりあえず様子見し、お昼には回復。
こういう時々発作は仕方ないのかな。。。
年明けに、夜間に急変した時、これはヤバイと思った時は救急に行っても仕方ないかも?と言われた。
回復バージョンとヤバイバージョンを観察しないと。
スポンサーサイト

獣医さん。


熱も出さない病気知らず娘の、一番身近な先生は動物病院の美人先生。
長身の美人でちょっと怖いけど、毎回じい~と観察。
家でのお医者さんごっこには、ヤツラも協力。
理系の血は無いけど、どうかな~(笑)

こちらも。


あ、バボは元気です。
お江戸に帰ってから、やる気が出て、グラっときた後ろ足も回復。
ビーこはマンション裏をしゃっと散歩(用を足すだけ(笑))して、ダッシュで帰宅してしまうので、時々パパとデート散歩しています。

回復。


薬が効いて、ぐんと元気に元通り♪
体調チェックと緊急最後の晩餐用のカステラやシュークリームが欠かせない。
もしや、甘いものが食べたい仮病?!
とりあえず、毎日の薬+ビックリ価格の薬が追加。
優しいパパが居て良かった。
母はこの薬はいつまで飲むのか?も不安だけど。

8割。


明けましておめでとう。。。と、年末の帰省疲れも取れた頃、ビーこの様子がおかしい。
美人先生にいろいろ検査してもらい、心臓のドキドキエコーがガッタガタ。
過去一番悪いそう。
入院して心電図を取ってチェックもありだけれど、ビーコの性格を思うと入院はすすめず、薬に期待してみましょう、と。
どのくらい悪いか?と聞くと2割くらい覚悟してくださいと。
先生は来年までは難しいというけれど、母はビーこの生命力はまだいけると思っているからね。
まずは目標夏の誕生日、13歳だ。


 

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。