2005-10

秋到来。

200510312228000.jpg

今日からぐんっと秋の気配。
私がそろそろマフラーかな?と思うとビーのミノムシ生活が始まる。
アフリカ出身(生まれは千葉だけど。)のビーはとっても寒がり。家の中でもブランケットをかぶり、上手にかぶれないと「掛けて~。」「中に入りたいの~。」と言ってくる。
今夜の散歩からTシャツ着用。真冬はその上に重ね着まで求める始末。
これから春まで外出時は裸族とお別れ。

大型犬と暮らすのに、こんなに服が必要なのは我が家くらいだろう、、、。

この場を借りて。

写真が上手く載せられない、、、。初心者はだめだなぁ、、、。
この場を借りて、みなさんありがとうございました。
IMGP0341.jpg

顔もわからない人と会うなんて、今までの自分では考えもしなかった。バボの兄弟や、ビーの親戚さんと会ったときも、友達でも、親戚でもあるような不思議な感覚だった。
犬と暮らして、新しい自分、新しい出会いもとてもうれしい。
IMGP0329.jpg

バボ、ビーたちに感謝。また行こうね。

チーム下町 ~横浜ツアー~

バボとビーは都内と言っても下町育ち。
たまには街中へのお出掛けをしてみたいと思っていた。
「親戚犬のこまちゃんに会いたい」「アウトレットでお買い物がしたい」「中華街の肉まんが食べたい」と言うチームの希望で、人間優先の犬連れツアーとなった。

こまちゃん、くうちゃん兄妹、DELLくん、なつちゃん、シュシュちゃん、ムサシくんと、ファミリーの皆さんありがとうございました♪犬達も飼い主さんも、フレンドリーで笑顔が素敵。この犬にこの飼い主!といったペアが見てわかる。犬達のつぶらな瞳といい、タプタプの口といい、おじいちゃんが同じいとこ同士でもこんなに似てるとは驚いた。

バボ、ビーは間違った恋心丸出しで、ママは悲しかったよ、、、。その上決定的違いが判明した。バボは顔がデカイ。デッカイ。弟、妹もみんなと同じなのに、なぜバボだけ??
もっとたくさん遊ばせて、ママたちもたくさんお話したかったけれど、スケジュールを詰めすぎたので、後ろ髪惹かれつつお別れ。

IMGP0334.jpg

続きを読む

散歩の友。

200510270924000.jpg

私は靴が大好き。
犬と暮らすまで、靴と言えば高いヒールかトンガリが定番だった。背筋が伸びる感じが気分を盛り上げ、痛いことも忘れる。今も仕事には好きな靴を履いて行くが、バボ達と一緒の時はそうはいかない。
二頭連れて歩くには靴選びも重要で、嫌いだったスニーカーもだいぶ慣れた。春夏はホワイト。秋冬はチョコが気分。

最近お気に入りの一足。

しっぽつながり。

200510282312000.jpg

今夜の散歩はバボの弟、モカが合流♪
モカはバボ、マイの幼馴染のイエローラブ、マックスの弟犬としてやって来た。初登場した時、その姿に「バボの子犬時代にそっくり!!」と顔でピンっときて、血統書から実の弟が判明した。大人になった今では、顔も体系もしぐさまでそっくりだ。今夜もマイがバボとモカを間違えたくらい、、、。

ショップ出身のバボは、パパやママが見つかっていない。
でもモカや、これまた近所に住む同胎の妹も偶然の出会いで顔と上に付いたしっぽで判明した。それでも妹や弟と大きく違うところがある。
バボだけ顔がデカイ、、、。

写真はまだ顔の小さいバボ。3ヶ月。
続きを読む

犬種図鑑

200510251215000.jpg

ビーはアフリカでライオン狩りをしていたと言われる犬。もちろん由来。ライオン狩りと言うとかなり引くが、テリア種のような一撃必殺ではなく、群れで追い込む狩りである。
日本ではまだ数十頭で、そのほとんどが直系、もしくは親戚さん。元々盲導犬協会が輸入してきた犬種で、みんな背中にエースナンバーを背負っている。

犬種図鑑をみては「この子いいなぁ~♪」と夢見ることを趣味にしていた頃、たまたまピンッときて、どれどれ、、、と調べてみたら偶然「子犬産まれました」を見つけてしまった。一度見るだけ、、、と、のこのこ出掛け、ビーママの従順さ、子犬達の落ち着きにビビビと来てしまった。ブリーダーさんの横にぴったり寄り添うビーママ。兄弟で丸まる子犬達、、、。「なんでバボとこんなに違うんだ~!!」と心奪われてしまったのである。
犬種を知ってから3日。付き添いついでに来たマイママまでお買上げ♪となった。
それから早2年。「それは?それは?」と聞かれ続け、そのスタイルと足の速さに肩身の狭い生活をしている。バボはドラ○もんみたいな三頭身だが、ビーはバービ○人形並の子顔で足が長い。

私の周りには回収しないラブや、泳げないプーが居る。エビは猫を見ただけで震え上がる、、、。
犬種図鑑はあてにならない。

犬達との会話。

200510220127000.jpg

犬と暮らすようになって、初めて気が付いた好きなしぐさがある。
「おしりをくっつけて、寄りかかって座る」。
バボなんか、大きな体で膝の上に座りたいらしい。かなり重い。でも、可愛い。
「なでるとゴニョゴニョ言う」。
幸せな時に言うらしいが、こっちまで幸せになる。
「おはようの踊り」。
一緒にくっついて寝てるのに、目があったとたんヘソ天でクネクネする。こっちが寝ぼけている時はキックが顔面に入ったりするけど、、、。2匹いっぺんは嫌でも目が覚める。
全身でいろんな事を話しかけてくれて、ありがとう。犬って可愛いなぁ~。

適正時間。

200510251218000.jpg

散歩から帰って来たら、ビーの足に切り傷が出来ていた。枝にでも引っ掛けたのかな?念のためイソジンしておく。もう男の子は、、、。

バボビ家はホームドクターから「このうちは散歩大好きだから。」と言われている。
バボの子犬時代は本当に大変で、ありとあらゆる本を読み、試行錯誤の日々だった。その中で、散歩の時間を長くすると、他が楽になったような気がして以来、朝15分、夜2時間を基本にしている。
が、週末になると、フラフラ&お茶を兼ねて、4時間くらいになる。
前は、日々フラフラの範囲が広がり、最高片道12kmをマイママと歩いては「3時に出発して10時帰宅?!いくらなんでもやりすぎ!!」と周りから呆れられた。そりゃそうだ。
散歩とはよく言ったもので、散って歩く。フラフラ新しい道や場所を発見したり、寄り道も楽しい。すでに家から360度方向、フラフラ済み。
都内はそれでも犬の遊び場は無い。新しい散歩コースを歩くだけでワクワクしてくれるバボ達に感謝♪次はどこ行く?

兄弟ってどうなの?

200510021247000.jpg

バボは女、子供に優しいが、モテない。
いいな、と思う子の側で、ぼ~っと立ってるタイプ。
いつもヘラヘラしてるし、歩いているだけで小型犬や、日本犬に襲われることも多い、、、。しっぽが上の方に付いていることもあって、思春期の頃は同世代の男同士だとケンカらしいこともしたが、弱いと気が付いたのか、ぼんやり一直線だ。そこが原因なのか?
そのてんビーは子犬の頃から社交的で、チワワちゃんからデカシェパくんまで遊びを合わせるトラブル知らずの子だった。今も大抵相手に合った遊び方が出来る子になって、毎日のマイ兄&エビとの2対1も慣れたもんだ。売られたケンカはニラミ一撃で比が上がるし、普段遊ばないと言われているワンコでも、いろんな手を使って誘い出す。もちろんモテる。
母として切ない。

血統書名判断

200510031952000.jpg


ようやくバボをシャンプーした。いちようメモしておく。

ところで、ビーの血統書名は「アルキメデス」。ギリシャの数学者の名前だ。兄弟のエビは「アトラス」。神話の巨人。
ビーは好奇心旺盛で、新しいことや、何だろう?と思うことは首をかしげる。賢そうなしぐさだ。エビはビーより10kg大きくなってデカイ。もしや血統書名は性格を表すのか?と考え出した。
ところが、バボの血統書名は「大波に立ち向かう」だ。かなり変わった名前だと思っている。日々ぼ~っとしていて、ケンカも弱い甘ったれだけれど、子犬の頃、パルボから復活した体力のあるオトコなので、病気に立ち向かう強い子であって欲しいと思う。
人間の姓名判断ってのもあるしね。

いつか来るその日まで。

17.jpg
今日サイト友達のワンコが短い一生を終えた。
あまりに突然なことに驚きと悲しみを受けた。とても暖かな家族にめぐり会い、短くても太く幸せな犬生だったと私は思う。
新しい世界へ旅立ったワンコの冥福と、家族が悲しみから乗り越えることを祈りたい。

ブログを始めた理由の一つに、いつか必ず来るお別れを乗り越えるかてにしたいというのがある。バボ達はマザコンだと言うが、私の方がバボ達に依存しているようなもので、バボだけの時は何かあったら後追いしそう、、、と自分を心配していたくらいだった。ビーが来て、二匹居る責任と安心が出てきているものの、その時を想像できない。
犬と生活して三年半。その間に悲しいお知らせが何回かあった。そのほとんどが、若くして事故や原因不明の突然のことばかり、、、。
動物は死を受け入れると言われている。犬の寿命は人より短くて、必ずお別れは来る。わかっていても、悲しみ、悔やみ、途方に暮れる日々が続くのだろう。
何かの本で「犬は、三途の川まで飼い主を迎えに来てくれる。」とあった。私はこれを信じている。

小さなワンコの命が、家族に、友達に、会ったことのない私にまで与えてくれたことは大きい。
冥福を祈ると共に、バボとビーをより愛しく、楽しく幸せにしたいと思う。

変身願望。

200510211215000.jpg

ブログを始めて、いろいろなブログを見るようになった。今までは、ラブ飼いの料理上手なママさん達に憧れを抱いていた。要は無いものねだり、、、。
さらに気になり始めたことがある。“アウトドアパパとラブ生活!”。きっと犬達からすると、楽しいところに連れていってくれるパパと慕われているんだろう。ワイルドなラブらしい姿が見れるんだろう、、、。
以前「バボ達と放浪旅行に行きたい!」と言ったら周りの犬仲間に大反対された。
週末だけ性別を変えたい今日この頃。

ジプシー

IMGP0209.jpg

毎日の食生活。人間も犬も大切だと思う。
バボビ達のごはんは、ドッグフード、サプリ、野菜やにぼしなどなど、、、のトッピング。
犬の食事については、いろいろ調べた時期があった。何事も熱しやすく冷めやすい性格なので、気になるととことん調べるが、途中でまぁいいか。となる。食事に関して、絶対がなかったこともある。
手作りもチャレンジしたが、料理下手な私は1日で挫折。働く母親の言い訳みたいだけど。
せめてフードはバボ達にいいものを!と思っている。
アレルギーなどがないし、ンコも毛艶も良好だから、4ヶ月くらいごとに1種類をトレードする。
バボはお魚が好きだし、太りやすいし、、、。ビーは関節にいいほうが、、、。とグルグルめぐり。
今はエボ○○ライト、ピナ○○トラウト、ナチュラ○○ランスフィッシュのミックス。にサプリとトッピング。
何でもおいしいとモリモリ食べて、いいンコ。いつまで続くジプシー生活。

におい対策

200510021408000.jpg

犬と暮らすのは楽しい。幸せだ。
それとセットで、もれなく抜け毛とにおいが付いてくる。
暮らしてしまえばそんなこと、、、だけれど、犬を飼っていない友達を家に招く時はドキドキする。
もともとA型気質で掃除や片付けは大好き。抜け毛は見えるから片付けやすい。ただ、においはわかりにくい。
お気に入りはこの2つ。ゼラニウム系と、グリーン系が私好み。

ついつい増える

200510182113000.jpg

先週注文したネーム入りTシャツが届いた。
バボだけの時はレインコートくらいだった服も、寒がりビーが来てからずいぶん増えた。
でもイイ!と思うものはサイズがない。大きい分値段もイイ、、、。やっぱりオソロで欲しい、、、。某犬ブランドは本社が近いのでファミリーセールで¥1000くらいで手に入る。その他も¥2000までと決めている。
今回は¥1760。大切に着て下さい。

大きい子クラブ

200510151849000.jpg

今夜も雨、、、。あぁ~ぁ~。
話題を変えて。先週末のTVで、デッカイ!カンガル犬なるものが出ていた。近所にピレやニューファン、stバーナードは何匹か居るのでさほど大きく感じないが、会ったことのある中でも、ウルフハウンド、デン、コーカサスは、それはそれは大きかった。おへそくらいまでの高さがあるし、子馬?と思うほど。
その中でもコーカサスはヒグマのようだった。顔見知りのシェパ飼いさんが連れて居た時、あまりの大きさに遠目からでも引いたくらい。まだその時1歳くらいだったから、ヒグマ姿でも、心は子供。「ワァ~イ!」としっぽブンブンで、周りから見たら人が襲われているように見えただろう。
大きい子好きとしては犬なしでも「触らせてくださ~い。」と近寄ってしまうが、逆のが多いんだろうなぁ。バボビ達でも、都内では肩身が狭い。きっと超大型犬はもっと狭いんだろう。
TVの子も似た感じだった。大きい子ファンが増えるといいけど。

備えあれば、、、。

200510162126000.jpg

午後、地震があった。
少し前の大きな地震の時は、マイ達との待ち合わせで橋の上に居たので、今までの人生で一番激しい揺れを感じた。橋がゴ~っと揺れ、首都高がブルンブルンしていた。
この辺りは関東大震災で大きなダメージがあった所で、小学生の頃は避難訓練も大掛かりなものだった。大人になるにつれ、来た時は仕方ないヤ、と思っていたが、バボ達と暮らしてから非難セットや家具などの転倒防止対策をしてきた。犬達と人生最後の時を過ごせるならまだ諦めも付くが、誰か一人(一匹?)でもなくす訳にはいかない。
地震の時、一、自分の身の安全。
      二、火元のチェック。
      三、周りの人の救助。らしい。
職場と自宅は自転車で通える距離だ。と言っても平日は二人でお留守番。もし東京に大震災クラスの地震が来たら、予想を遥かに超えた被害が出るだろう。どうか、、、来ませんように。

週末の楽しみ

200510132044000.jpg

、、、と言っても、人間用。
週末はいつもお気に入りのカフェでお茶をする。オープン当日から犬連れでゾロゾロ通っていたら、近所のワン仲間も通いはじめ、犬用水入れが用意され、オヤツまで販売するようになった。と思っていたら、犬ウェルカムの看板まで立つようになった。ニューファンやピレ、ボルといった大きな子も来ているので、バボ達が4~5匹で行っても快く迎えてくれる。ビール会社が経営しているので、ほろ酔いのお客さん達も多く、犬達に優しい。
これからの季節はストーブでも出してくれるといいなぁ、、、。

はかどる仕事

IMGP0230.jpg

犬合宿で、なぜかリード3匹分をなくしたバボビートラ。なくなるような物でもないし、、、と、いくら探しても見つからず、仕方なくホームセンターで一番安い物を買って帰って来た。
そのなくしたリード。
実はデザイン職を乱用して、職人さんにオーダーしたオリジナル。イタリア高級革で、バボビー各色に合わせ、幅も長さもパーツも指示したお気に入りだった。おそろいのハーフチョークとセットで、見た目も使い勝手も自分好みだったのに!そりゃ他にもバカみたいに持ってるよ。でも!でもぉ~!!
ヤツラが隠したんじゃないか?と、トラママ。「ゆるさーーん!」あぁ、また頼むか、、、。仕様書作成、作成??

弟らしさ?

200510132049000.jpg

ヤツラにとって最大の楽しみ?の散歩。
バボは、一、ママとのお出掛け。
     二、友達との名刺交換。
     三、運動。を重視しているようだ。ところが、
ビーは、一、友達との触れ合い。
     二、追いかけっこして走る。
     三、かくれんぼなどの遊び。を楽しみにしている。
今夜はマイ達と別散歩。
こういう日、いつもと違うコースで散歩に出る。
バボは「ママン、今日はいつものデートコースと違うね」とばかり、ワクワク。友達との名刺交換をしたり楽しそうだ。
でも、ビーは不満顔。「ね~ママ、マイ兄は?エビは?他の子でもいいんですけど?」と振り返り、道行く犬にウェルカムビームを送り、一度遊ばせた場所を通るたびに「ここで遊んで行くんだよね?」と振り返る。
バボはいちよう兄ちゃんで一人っ子時代がある。でも、ビーは生まれた時からずっと犬の居る生活。社交的なのは嬉しいけど、君はデカイのよ。足も速いのよ。道行くチワワちゃんにアソボ~ポーズはやめて下さい。

大関?関脇?

200507101850000.jpg

ビールとエビは同胎の兄弟。ビーは第一子、エビは末っ子。兄弟の中でも一番の仲良しで、ママや他の兄弟達と3ヶ月半まで過ごし、同じ車に乗せてやって来た。それから、ほぼ毎日一緒に散歩をしている。
この2人、さすが兄弟!と言う激しい遊びを繰り広げる。低い姿勢から猛烈ダッシュの追いかけっこ、かくれんぼ、プロレスごっこに、柔道技まで見せる。もちろんこれにマイ兄が加わり、知らない人が見たら間違いなく引くだろう、、、。実際、狭いランには連れて行けないし、身内のバボも引いているくらいだから、、、。
でも、どんなに激しいぶつかり稽古をしても怪我もなく、ケンカもない。上手に手加減して、「今のやりすぎ!」「ごめんね。」と会話しているように思う。
いつも側に居られて、ビー&エビは幸せだね。

ニヤリ、、、な楽しみ

BABO11.jpg

都内下町で暮らすバボビ家のまわりは、犬がたくさん居る。犬同士の種類も、体格も、飼い主さんの年齢も、仕事もバラバラ。でも、最近たて続いてることがある。
「多頭飼い!」気が付くと、あれ?!いつの間に、、、。という感じだ。
その中で「次の子は○○ちゃんみたいなチビチョコラブ!」を希望し始めた犬友達。このあたりは、チビラブが多く、20kg以下の小さい子も居る。バボクラスは重量級扱いだ。私はラブらしい四角い体に短めの足が付いているような、大きなラブが好き。のんびりタイプが多いし、どんっとした体も愛らしい。
でも、その犬友達は言う。「バボみたいなのはイヤなの!チビチョコラブ!!」。バボのハイパーな子犬時代を知っているから?遊ばない、ボールも追いかけないマザコン犬だから??ちょっぴり悲しいが、先住犬が柴系MIXだからサイズなんだろう。機敏なラブが欲しいんだろう、、、。
続きを読む

山ごもり犬合宿3日目

IMGP0171.jpg

深夜から寒くなって、ビーの寄り添い希望度が増し、マザコンバボはいつでもべったり、トラまでぴったり、、、。
なんで私が布団から押し出されるわけ?!そんなことを繰り返していたら朝だった。
続きを読む

山ごもり犬合宿2日目


雨も降ってないし、アジをやらせてみたいトラママの希望でランに行くことになった。でも、広~く、だ~れも居ない奥地?に1日こもってしまうと、都内ではありえない広さのランも狭く見えてしまう。小さいワンコもたくさん居たので、急遽変更しスキー場を目指して見た。
これがいい感じ~!ゲレンデを貸切で走り回る。山からは那須が一望で、晴れていたらとてもいいスポットだろう。
急斜面を上下に走るのが新鮮なのか、バボまでダッシュ!下向きに走ったら自分の能力以上の速さが出てしまい、ちんずり?して止まる荒技まで披露。
「俺達サイコー!!」ハイハイ、ママもうれしいよ。
20051011115205.jpg

続きを読む

山ごもり犬合宿

高速に乗る前にドッグランに寄って行った。誰も居ないからなのか、遊びも、走りもしない。車の中も各自ぐっすりで「大人になったねー。」と安心し、深夜那須へ到着。
信じた私がバカだった、、、。到着したとたんに「ウヒョ~!行くぜぇ~!!」と雨の中はしゃぎまくり、家の中に入れてもプロレスごっこ、、、。初日が問題、と必殺の興奮用サプリを飲ませてみた。効いたのは、欲しがるついでにあげたバボだけ、、、。

20051011113051.jpg

続きを読む

トラック野郎は今日も行く

P.jpg

「Hello!My name is Truck!こんな格好してるけど、僕はカナダから来た帰国子女犬なんだよ。ビーグルが欲しかったママが一目惚れしてくれたんだ。顔はビーグル風だけど、体と心はボーダーのMIXさ。カナダ人のパパと、日本人のママと日本にやって来たんだ。カナダでは広いドッグパークでたくさん遊べて幸せだったけど、こっちの生活も楽しい。犬語、英語、日本語のトリリンガルを生かせば、周りのみんなが友達だし、デッカイ親友達も出来たしね。体はヤツラより小さいけど、ダッシュとジャンプは僕の方が得意だよ。テンションの上がったヤツラの仲裁も僕の係りだ。「ワンワンワォ~ン×10」と大きな声で止めるのさ。でも、いつもママに怒られる。怖いから逃げ回るんだけど、その間にヒートアップさせちゃうらしい。
今夜から、バボビーと犬合宿に行くんだ。あそこは周りにだ~れも居ないから、思いっきり走りまわって、おしゃべりしていいよね?」

ウキウキがとまらない

200510032226000.jpg

明日からの犬合宿の準備をしなくちゃ、、、。
実は私、荷作りが大好き!頼まれたら人の分だってやりたいくらいだ。あれもこれもと余分も多くなりがちだけど、袋分けして、ぴったりバッグに入るとウキウキしてしまう。
そう頻繁に出来るものでも無いから、荷作り熱が出たときは避難リュックのチェックをしたりして。最初は小さいリュックだったのが、登山並のリュックになってしまったけど、、、。(背負って逃げ切れない?!)
今回はバッグ1個に納まった、と思ったらバボが「オイラはこれ持ってく!」。ハイハイわかりましたよ。

まじめにビーの足について

200507232351000.jpg

ビーの左前足は出産時の事故?で変形がある。
ビーママの所へ見に行ったとき、ママの飼い主さんは自分の所に、、、と思っていたようだけど、この子は私の所に!と連れて帰って来た。と、いうのも私の父も子供の頃の病気で、足に障害がある。それも運命と、甘えず、優秀と言われる大学を出て、仕事をし、何不自由なく育ててくれた、優しく心の広い自慢の父だ。そんな父のように、と迷わず決めた。
飼い主のひいき目で見て、運動神経だってバツグンだし、優秀で、社交的で、礼儀正しい、思考深い子になっているように思う。自慢の犬だ(バボだって?!)。人間ならモテモテ男子だろう。
名医と言われる病院にも行ったし、サプリを飲ませたりしているけど、これからの季節はビッコを引くことが多くなる。甘やかし過ぎてはいけない、と普通に生活させたいのに「あら、あのワンちゃん足痛いのね~。」と道行く人が毎日のように声を大にして言う。ビーはそんなことが解らないのは幸せだと思う。
でも、私は切なくなる。障害のある犬も、人も何が違うんだろう?幸せで楽しい一生を一緒に過ごしていこうね。

親ノ心子知ラズ

200507232039000.jpg

今夜の散歩は雨。
バボビ家は雨でも、雪でも、台風でも365日散歩に行く。
人間用のレインコート、長靴、犬用レインコート、、、雨グッズも用意して、快適!とはもちろんいかないけど、楽しみを奪うのもなぁと思って続けている。
ところがビーはそんな天気が大嫌い。子犬の頃は「僕は一人でお留守番してるよ。」と拒否していたけど、今は嫌々ながら「兄ちゃん行くって言ってるし、マイ兄、エビに会いたいしなぁ~。」と、出るようになった。でも、顔が濡れるのがイヤらしく、雨がひどいと私の服で拭きながら歩く。
そりゃ小顔だし、目も大きくてイケメンかも知れないよ。
続きを読む

オイラはつらいぜ。

200510031950000.jpg

バボはおっとり、ぼんやりしていて周りから「親父顔の甘ったれ」と言われている。散歩も大好きだし、他の犬や子供にも優しいラブらしいラブだと思っている。ドッグランで知らないワンコ達とのふれあいもとても楽しそうにしているし。
でも、毎日の散歩中、マイ達に会うのは嬉しそうだけど、走ったり、遊んだりといったことを一切しないで、まったりしていることが多い。まだ3歳半なのに、、、。
実のところ少し気が付いていた。バボがちょっとそんな素振りを見せると他の3匹が飛んでくる。
ハウンドの血を引く弟達はそれはそれは早く走る。長い足としっぽを使って、ピューンっとまるでチーターのようだ。
マイたんも弟達には負けまいっ!というプライドが、永遠の遊び好きに拍車をかけて全力だ。
今夜も一瞬走ろうとしたら襲われた、、、。「オイラはお前らと遊びたくないんだよ~。」
ごめんね。バボリーヌ。またランに行こうね。


 

ブロとも申請フォーム