2017-08

届いた。


チョコラブ界で有名な”はなちゃん”のお手紙本が届いた♪
予約特典のカレンダーもカワイイ~。
でも、スマホアドレスにしてしまった為?はなちゃんからのメールが来ない><残念。
バボどんとの共通点は壁穴事件(笑)とすねるところ。
ラブラドールらしいエピソードに、うんうんと納得。
ベビが生まれたら絵本代わりにもなりそう。

お気に入り。


憧れの長寿犬が載っていると聞いて、急いで本屋さんへ。
またまたじーん。。。

小さくバボビ家も載っていた。。。(笑)

お恥ずかしながら。

画像 1330
ここに載せるか、ちょっと考えたけれど。。。記念なので。
お気に入りの出版社から別冊が出ました。
タイトルがいいでしょう~♪
とっても素敵でカッコイイ暮らしをする方達に交じり、犬小屋のバボビ家も載っています。

お江戸下町の暮らしは、狭いし自然も少ないけれど、ヤツラとの暮らしは幸せです。
元気で穏やかなヤツラを見ていると、そう思っていてくれるのかな?と思う。
一軒家での暮らしの時は、バボ山さんはハハの後に付いて1日中家の中をくっ付いて回っていたけれど、今の暮らしになってどこでも姿が見えるので、安心しているようにさえ思います。
○ツゴロウ先生が言っていた「座布団1枚のスペースがあれば、犬と暮らせる」。。。は我が家では狭すぎるけれど、自然にみんなで固まって過ごすので、結局1畳の中で過ごしているような感じだから。
ドーンっと雑誌掲載に、抵抗はあったけれど、ヤツラの短い犬生の思い出のために。。。
幸せの形はそれぞれ。
豊かな暮らしは憧れだけれど、身の丈にあった生活でいい。
だって願いはただ一つ、ヤツラの長寿犬ギネス。。。
これからも3人(犬?)で頑張って行こうと言う、記念です。

一人親の気持ち。

画像 206
大型犬と暮らしているなら、聞いたことはあるだろう。。。富士丸くん。
生活が似ているのと、ちょっとひねくれた父ちゃんに共感することが多く、何冊か本も持っている。
ブログのUPが無いなぁ~と思っていたら、突然のお別れ。。。7歳で留守番中、突然。。。に、PCの前で震え叫びそうになった。
過去にも本を読んで「うんうん、そうそう。」と思うことが多い、人間関係を面倒と思うタイプだった人が、犬との暮らしで変わっていく。。。そして一人親の気持ち。
ワンコも突然のことにビックリしていると思うけれど、飼い主さんの絶望や後悔は計り知れない。


我が家が2匹なのは、バボ山さんとの暮らしで、ドライバッサリ系の冷めた感覚が、完全に”犬”依存してしまい、いつか来る別れにハハが耐えられないと思った事が大きい。
一緒について行きそう。。。と心配されていたほど。
その心配の薄い2匹との暮らしは、安心感から比べれば大変だと思わない。
でも、もし同じ事が起ったとしたら。。。あぁ。。。考えたくない。。。考えられない><
”無償の愛を知った”と書いていた父ちゃん。。。大丈夫ですか?
相棒はちょっと短い犬生だったけれど、幸せだっと思います。
きっと虹の橋で待っていてくれるはず。


ハハの寿命をヤツラに配分して長生きしてくれたらいいのに!と本気で思っている。
でも犬も人も何が起きるかわからない。
どんなお別れであっても絶望と後悔が押し寄せて来るだろう。。。だから今日もヤツラをギュウっと抱きしめよう。

しゃくほ~。


ビーたんのGPは、驚異的な回復力で朝ンコからうっすら形が戻り、夜ンコには正常に。
「お腹減ったよ~。」と言うので、○ォフェルミンはキープして通常ご飯に戻りました。
まるで合わせたようなタイミングで、新刊の○ETREVERに、バボ山さんが罪犬として掲載されていた。
そう、何を隠そう子犬時代の彼は珍獣ハカイダーだったから><
被害総額は考えたくない。。。
そう思うと、新品○ースリスージは高いけれど、昔を考えれば安い安い。
犬と暮らして、家の修繕が上手くなった。。。ってハハだけですかね><

笑う笑う。

画像 130
本屋さんで見つけた、お気に入りの出版社の雑誌。
”犬と笑う生活”と言うタイトルがいいですネー。
ヤツラは特技もないし、スポーツなどで賞を貰うこともない。
○○犬と言うような、特殊枠もない。
人と暮らすことが出来ていれば、それでヨシ。
これからも、一緒に笑って生活していこうね♪。。。と、明日から夏休みデスヨ~!
一緒にダラダラゴロゴロしようね。

将来の備え?

画像 108
自費出版?なのか、なかなか売っていなくて。。。ようやく購入。
ブログはたまに見ていたんだけれど、17歳と言う長い犬生を見習いたいと思って。。。
最近思うのは、長生きのラブ達の共通点として、悪犬?とは思わないけれど、ちょっと頑固だったり、主張が強いタイプの子が多い気がする。
ヤツラは意外と頑固だから。。。やっぱり、いける?!

江戸っ子犬。


ここのところ、夜になるとゲリラ雷雨続き。
運良く、帰宅も夜散歩も濡れずに出来ているけれど、毎晩のピカピカザーっ!には、ちょっとびっくり。
ヤツラは、雷に無関心なのが助かる。
そういえば、最新号の○ETRIEVERに、我が家の写真がちょこんと載っていた。
アンケート結果を見てビックリしたのは、レトと暮らす家の広さ&庭所有率の多さ、それも広い~@@
バボビスクエアのあたりは、庭のある一軒家など、ほとんどナイっすヨ。
近くにある実家では、昔おじいちゃんが生きていた頃には広い庭に親族が住むような家だったけれど、一人亡くなるごとに庭が減り、各家庭ごとに柵が立ち。。。でも、周りの家もそんな感じ。
散歩中に他の家を見ていても、元は一軒家だった場所に二軒もしくは三軒の建売りが出される。
それでもびっくりするお値段。
周りの犬友もマンション暮らしの方が多く、一軒家でも庭はまずない。
悲しいお江戸23区事情。。。
地方暮らしの家庭じゃなくて、ごめん(そもそも収入の問題なんだけど^^;)。。。とちょっと悲しくなった。
でもね。。。お江戸にはお江戸の良さがある。
ヤツラもきっと知ってるよね?

共通点。

画像 054
またまた買ってしまった犬本。
犬関連の本だけで大量になって来たケド^^;
こういう本を見ていると、文才がある人に憧れる。
親バカな思いを綴って、本になり、収入にもなるなんて~。
”何かを作り出す仕事”という共通点はあれど、ハハの方はヤツラ関連物を商品にすることも、親バカを語っておこずかいになることも無く。。。これが平凡と言うのでしょう。
でもでも、負けないと思えるのは愛犬への気持ち。
まぁ、みんなそう思うのだろうケドー♪

ぞくぞく犬本。

画像 429
最新号のレトに、バボ山さんの写真が数枚掲載されていたので。。。また購入。
作戦に完全にハマッていますが、vo.1のバックナンバーから集めている、コレクター。
バボ山さんと暮らす前のあと6冊が、ナカナカ手に入らない。
ちなみに犬雑誌購入は、コレのみ。
今回は、ビーやトラ助と合宿に行った時の、もも様との集合写真。
狭い掛け橋に、ぎゅうぎゅうに並んだ姿が、なにか人間くさくてお気に入りの一枚。

バボビ家定番。

画像 327
最新号のRETを購入♪
善光寺男前組の方が載ってました^^
”一生愛される贈り物”特集。。。とっても素敵だけれど、こんな高級品はバボビ家にはとてもとても><
ハハのポリシーは好みの物を、手頃な価格で。。。でも安く見えない物。
そしてどんなに安くても、好みでない物はNO。
ヤツラのグッズ類も、アイテムごとにほぼ定番化。
バボちん、何か欲しい物あった?

キリリっ。

画像 216
本屋さんで見つけてしまい。。。もちろん購入。
犬特集だと、つい。
この手の雑誌の場合、ほとんど対象が小型犬なのが寂しいところだけれど。。。
そして今回は日本犬特集。
ハハ的には、大型で垂れ耳が好みなので、たぶん一緒に暮らすことはないだろうけれど、それでもやっぱりカワイイ。
日本犬は飼い主さんに忠実で、他の人にそっけないイメージがあるので、知らない子にはなかなか触れ合えない。
そこがまたキリリと見えて、カッコイイんだけどー。
バボビスクエアにも、最近日本犬が増えたのは、そういう魅力なのかな?

お蔵入りにならず。

画像 033
本日発売のRETRIEVER、ほんのちょこっとですが、ヤツラが♪
手作り保冷材入れバンダナの写真が載っています。
モノクロページなので、ビーたんの方が目立つけど。。。それはそれで嬉しい。
この雑誌が好きなので、いろいろ参加させてもらっているけれど、ビーたんはRETじゃないからネ^^;
また記念号が増えました。
ちなみにビーズ付きの大作バンダナ。。。ジャラジャラするので、ヤツラには不評で外で付けてないしーー;


人それぞれ。

画像 435
最近読んだ3冊。
老犬と飼い主さんの姿が暖かい写心の本と、ペットへの愛情が伝わる手紙をまとめた本、そして飼い主さんの心理本。
イタタ。。。と思ったのは、間違いなく、心理本^^;
結局のところ、犬&猫と暮らす著者も「よくわからない。」とまとめているところが、本音の心理かも知れない。
他の2冊を見れば、心理とか理屈じゃないことがよく解る。
ペットであってペットでない、暮らした人にしかわからない大切な存在。
ペットと暮らしていない人から見たら、おかしな心理と思われてもいいですヨ。。。ハハにとって最愛の家族はキミ達ですから。

日記と記録。

画像 254
本日発売のRETRIEVERに、バボ山さんの日記が載っています。
去年の病気の時に作った、病気参考書ならぬ”ブラックノート”が、こんな可愛らしいイラストで^^
他の日記と比べて病気日記だけに内容もダークだけれど、それよりダークなのはこのブラックノートだったに違いない。。。
先生がそうだったように、ライターさんも軽く。。。いや、確実に引いたハズーー;
確かにやりすぎだけれど、同じような症状が出た時にノートがあれば、きっと早期発見が出来る!と思っている。
実際のところ。。。ヤツラが病気に掛かると、心配や不安でいてもたっても居られないけれど、ノート作りに疲れて、眠れる効果はありました^^;

働く意味。

画像 224
会社を辞めたい病を継続しつつ、今週はずっと仕事に追われていた。
午前中から理不尽な問題に打ちのめされ、外出ついでにそのまま辞めてしまおうか?とフラフラ。
でも、このブルータスのおかげで会社に戻る気になれた。
会社を辞めたって、母子家庭の我が家ではヤツラのために働かなくては!デスもの。
雑誌の中にはたくさんの犬達。
そしてムツゴロウさんのお話もあって、いつもの常識にとらわれない自由な発想に救われる。
ヤツラはハハに合わせた生活をしてもらっているんだものね。

そして保存。

画像 217
今日発売のファッション誌に、ビーたんが~♪
仕事の疲れも癒される、美しいショットですコト。。。
人生初のファンクラブ、もちろん継続中です。
写真の彼女とは、以前仕事で何度か打ち合わせをしたことがあって、ほんわかしたとってもカワイイ方で、ハハも会社の男性陣もすっかりメロメロになった思い出が。
ちなみに彼女もワンコ飼い、この撮影でも一緒だったのかな?

最愛の犬たちへ。

画像 206
仕事で本屋さんに行く機会が多いのは良くない。。。またこんな本を。。。
”あなたは愛犬にどのような約束をしますか?”
著名人や一般の人達が、愛犬への約束をつづったエッセイ、電車で号泣しながら読破。
犬と暮らしている人なら、みんな共感出来る親バカっぷりだけど。。。犬と暮らさないとわからない、無償の深い愛情が伝わる。
確かに私も、DOG=GOODの神サマに選ばれた生き物と真剣に思っているからナー。
私はどんな約束をしよう?




発売中です。


先日、掲載の連絡があったしつけ本を店頭で発見!
以前撮って頂いた写真だけれど、バボ山さんがドーンと二箇所載っていて、もちろん即購入です。
ムフ~♪やっぱり嬉しいナー♪
また宝物が増えたね。
もう1冊買っておく?!


気分転換時間。


久しぶりの風邪気味でも、いつもと変わらない生活をしつつ、薬と気合で回復傾向になってきた。
ただ、今週は体力仕事が多く(それも率先して。笑)少々疲れが><
こんな日は、愛読書「新・犬種図鑑」で妄想する。
もちろん次世代候補としての妄想ですが。。。
最近気になる子が、ハンガリアンヴィズラ。
まるでバボ山さんとビーたんを足して二で割った、外見&性格。
先日の診断本でも「にこやか犬」になっていて、今一番気になる犬種。
。。。と言っても、過去にはクライナーミュンスターレンダー、ブラッコイタリアーノ、ブラットハウンドも気になっていたけれど、現実として少々難しそうだった。
でもヴィズラはナカナカ良さそうで、妄想も膨らむ。
まぁ実際は、またラブかローデシアンなんだろうナー。。。。とグルグル頭の中を大きなワンコだらけにする事を繰り返す。
ムフーな幸せ時間♪

飼い主力。


またまたこんな本を購入。
人間を22タイプに診断し、犬は64犬種を9タイプに分類し、その相性が198パターンになっている。
残念ながらビーたんの犬種は載っていないけど。。。
これでいくと、ハハは”マイペース自由人”、あたっているような?違うような?
一方犬について、例えばラブは「オールラウンドな”にこやか犬”」、マイたんのスタンプーでは「ちょっと手ごわい”知恵者犬”」など。
この犬の分類は良く出来ていて、いくつか上げるとテリア系は「天使の顔した”小悪魔犬”」、ニューファンは「お地蔵さん的”のんびり犬”」、ドベちゃんは「高性能な”デンジャラス犬”」、ダックスは「飼い主泣かせの”トホホ犬”」と言ったぐあい。
さらに犬種ごとに、いい事、手の掛かる事も書いてある。
これを飼う前に読んで、ベストな組み合わせを見つけましょうと言う本なのだ。
人間の分類もかなり辛口で「どんな犬よりあなたの方が猛犬です!」と言うタイプや「鴨ネギ」タイプなんていうのも。。。
プププとにやけたい時にオススメ。

フムフム。。。


本日発売のレトリーバー。
今回はご飯特集と言うことで、メーリングリストに参加しているバボビ家もアンケートに参加。
手作りご飯を試行錯誤中なので、じっくり勉強させてもらう。
手作り本や、ネットなどでもご飯についてはいろいろ書かれているが、ただ実際のところ、100%手作りご飯にすることはないと思っている。
フードに疑問もあるけれど、手作りご飯や生食にも疑問があって、結局トッピング生活。
ヤツラの長生きを願うには、ご飯も重要な要素だと思って始めたご飯ジプシー。
「○○のフードで長生きした!」とか、「○○を食べさせて長生きした!」というデータがあれば。。。
そんなことはきっとないから、ヤツラの体調を見ながらハハのカンで行くしかないんだナー。

隠しアイテム。


ハハには名刺が2つある。
一つは仕事で使う会社支給の物、もう一つはヤツラ用。
ずーっと前にドッグランで会ったオジ様に「○スオです。よろしく♪」と突然名刺を頂いて、ちょっとびっくりしたらワンコの名刺だった。
その話をしたら、友達が遊びで作ってくれたのだ。
でも数が少ないこともあって、あまり渡した事はないんだけど><
アドレスやヤツラの写真を入れ、ちょっと変わった構成な上、ハハのお気に入りサイトのものを勝手に拝借した詩まで入っている。
この名刺、今日連絡が来て今月発売の○トリーバーに載るらしい。。。><
メーリングリストのアンケートに送ってないのに、前に担当者さんに渡したものが取ってあったらしい。。。
ちょっと恥ずかしい。
アンケートに答えてる人って少ないのかな?

おとぼけなキミへ。


届きました、最新号!

ん?「おとぼけチョコラブ初カヌー体験記」?!と?

こんな感じで親子が載っておりました。
とってもとっても楽しかった、カヌぅー♪♪♪
バボ助はハハ独占デート&みんな自分に注目で、いつもよりテンション高めだったのに。。。ぼんやりおっとり性格にびっくりされるという裏話付き。
すべてスムーズに進み、バボ助は先生からも撮影隊の方からも、たくさん褒めてもらえてご機嫌。
たっぷりバボ助とのカヌーデートを楽しめた、楽しい時間だったのです。
今度はみんなで行きたい!と思ったけれど、実はチームメンバー。。。バボ&トラ以外水嫌い。はぁ。。。
そんな環境だからこそ、バボ助が楽しめる時間をくれた〇ETRIEVERに感謝感謝です。
また、思い出の品が一つ。

特別講習会。


本日ヤボ用で、会社を休み5時半起床。
とある所までバボ助とデートに行って来た。
詳しくは来月までナイショ。。。
普段出来ないことを二人で楽しく、そしてまたいい思い出が出来た。
まぁ、今回も確実に後悔するだろうけど、記念だからね。

バボビスクエアから90kmとは思えない、緑あふれる環境。
今度はみんなを誘って、遊びに行こうね!

いい子に一人で留守番してくれていたビーたん。
ダッシュで戻り、もちろん追加お出かけに行く。
でも、疲れた兄貴&ハハでは盛り上がらないらしい。。。
ピューン走りを一瞬して終了。
ハイハイ、今度はみんなで行きましょう。

1だけど3。


犬ブログで一番有名なお宅の本。
たま~に覗かせてもらっている程度だけれど、本はつい購入。
ここのお宅とバボビ家は、すごく環境が似ている。
狭い家で大型犬と暮らしていること、元は2人で育て始め、その後一人で育てているところ、そして飼い主さんの性格も?!
新刊の中で
”自分と同じ空間にずっと誰かがいることがうっとうしくなることがある ~ 唯一ひとりでいられる家、そこにはいつもお前がいる ~ その時間がとても大切なものになってしまった ~ 本当にひとりでいることに耐えられなくなっているんじゃないか。”
とある。
これにはドキっとした。
ヤツラには長生きしてもらわないとー。

ぞーくぞく犬本。


また買ってしまった犬本。
お気に入りの出版社から出てるレト本とくれば、飼ってる途中でもヨシでってことで。。。
写真や内容は、過去の雑誌からピックアップしてあるようだし、レト本の他にプー本とダックス本がある。
そういえば、新刊が出ると必ず立ち読みする雑誌がある。
ちょいワルオヤジをターゲットにした、某男性雑誌。
その中で犬コーナーがあって、毎号ヨーロッパのちょいワルオヤジと、その愛犬が載っている。
イケテルオヤジ殿が、かなりの溺愛ぶりを恥ずかしげもなくコメント。。。
日本でも、そのくらい溺愛ぶりを発言していい環境だったらなぁ。。。

ぞくぞく犬本。


この間の本と一緒に購入した犬本。
これは犬種図鑑を書いている博士シリーズ。
ドッグトレーニング本は去年購入し、写真やイラストも全部カラーだし、図鑑と同じように大切にしている。
犬を主人公にした物語やエッセイも好きだけれど、いろんな犬が出ていたり、犬の説明や特性、健康管理の実践本はつい集めてしまう。
いろいろ集まって来て、ちょっとした犬関連本屋さんのようになってきた。
実は老犬生活や介護本も持っている。予習も大事ってことで。

続、犬本。


仕事上本屋さんへ行くことが多いので、つい一緒に買ってしまう犬本。
今回は薄く、絵本のようなイラストもたくさんあるタイプ。
柴2匹から始まり、ハスキー、ミックス、ラブ2頭、ゴルの超多頭飼い。
各犬達とのエピソードも、うんうんとわかる事ばかり。
そして段々と逝ってしまった頃、物足りなさからラブを!と加えたら、子犬ラブのハイパーさを忘れていた。。。と言うお話で、これまたどっぷり感情移入。
私も文才があったらなぁ。。。事件簿ならかなりいい線張れるんだけどな~。

懐かしいこと。


マイたんのママに「まるで昔のバボ助みたいだよ♪」と言われ購入。
まだほんの少し読んだ程度だけど。。。
バボ助の子犬時代。。。今では考えられないが、それはそれはスゴイ子だった。
トイレはなかなか覚えず、いつもンコまみれ。
留守番時には、一般的ラブの子犬破壊アイテムは全壊し、その後は大物狙いで階段をブチ壊し、その後は壁に横穴式住居を完成させた。
散歩に出てもまっすぐ歩く事を理解出来ず、隙を見てはニカッ♪とハハの顔を見てから逃亡。
犬友達と遊び方がわからず、友達が誘ってくれると、自分一人でグルグルバタバタ犬っ走りをした後、ハハに体当たり。
突然のスイッチでひっくり返されたり、自転車引きで宙を舞ったり、生傷が絶えなかった。
その頃はほぼ育児ノイローゼで、毎日何かしらの理由で泣かされていた。
運動神経に自信があったので、たまたま骨折をまぬがれた感じだった。
バボ助は知的障害があるのかも知れないと、真剣に考えたっけ。。。
そして1歳3ヵ月で、パタっと今のバボ助に変身した。
子犬時代、写真を撮る余裕なんて無く、残念なことにほんの数枚しか無い。
記憶もあいまいなのは、あまりにも忘れたいような事件が多すぎたからだと思う。
この本が、思い出させてくれるかな~。





 

ブロとも申請フォーム